ITエンジニア研修

IT Engineer School

新たなキャリアを望む人材とエンジニア不足に悩む企業を支援します!

今回ご紹介するIT研修は、エンジニアとしてIT業界に転職を目指す「未経験者」もしくは「ブランクをお持ちの元エンジニア」が、
ITエンジニアとして就業できるスキル取得を支援することを目的として実施するものです。
学習は、すべてを完全に理解する必要はありません。
解らない箇所があっても後続の学習でまた機会のあるものや、そもそも後続の学習で理解が深まるものもあります。

受講終了後には、キャリアカウンセリングや就業先の紹介も行います。

まずは、スタートアップとしての基本を身につけましょう。

開催日時

 ・毎週 月曜日・水曜日 13:30~16:30(水曜日は自習形式)
 ・週1日や隔週等でも可。ご都合に合わせて学習することができます。

会場  株式会社新東京計算 東京都府中市分梅町1-30-7
参加資格

 ・IT業界で活躍したい方
 ・経験不問
 ・IT未経験者:30歳くらいまで
 ・IT経験者 :40歳代まで
 ・性別不問

研修内容

 ・Java/Eclipse、C++、 C#、VB/Visual Studioなど。
 ・Web開発、データベース構築、システム管理などから、
  ご希望やスキルに応じたカリキュラムを設定します。

料金  無料

  

ITエンジニア研修の進めかた

  研修項目   研修内容
Step 1

 情報技術を構成する各要素を見ていくことで全体を把握します。
 実際の情報技術者は、全体は解りつつも、専門分野も磨いています。
 アプリケーション開発、ネットワーク設計、インフラ設計、またはセキュリティ対策等もあり、
 自分がどこを目指すのかをイメージします。

Step 2

 情報技術全般で必要となる、フローチャートを学びます。
 フローチャートは、狭い意味では、コンピュータへ指示を出す段取りです。
 広い意味では、情報技術者が進める仕事の段取りを指します。

Step 3

 実習形式での学習を行います。考えることに加え、手を動かすことが大切です。
 プログラミング言語は、Java/EclipseやC++, C#, VB/Visual Studioなど。
 想定アプリケーションは、Webやデータベース系と様々です。
 システム管理も含め、本人の希望と合わせて、スキルの早期習熟や市場を鑑みて、
 個人ごとに目的やスキルに合わせた学習内容を設定します。

Step 4  情報技術者は、設計書や仕様書といった、多くのドキュメント(文書)を書く必要があります。
 設計書の書き方を学ぶとともに、スケジュールの考え方も学びます。
終了テスト  設計書の作成からコーディング、デバッグ、テスト結果書作成などに至る、一連の演習を行います。
 実践的な力を身につけるため、演習内容を題材とした個別の質疑応答も行います。

※学習は、進めかたの説明を受ける学習と自習の形式で進行します。
※全体期間は1~2ヵ月です。

お気軽にお問い合わせください。
こちらの研修申し込みフォーム」からもご応募いただけます。

mousikomi_2.jpg

新東京計算 本社TEL 042-362-1011 受付時間:平日(月~金)9:00~17:00