ロボティック・プロセス・オートメーション(RPA)

Robotics Process Automation

 

今まで人手に頼っていた単純作業をソフトウェアによるロボットに代行させるロボティック・プロセス・オートメーション(RPA)。新東京計算は、業務効率向上、働き方改革の切り札として注目されるこのRPAの導入と活用を支援します。

サービス概要

データの入力や受け渡し、記録作業、検証作業、照合作業、システム監視作業など、オフィスには、システム化が難しく人手に頼らざるを得ない様々なルーティン作業が数多く残っています。これらの作業をソフトウェアによるロボットを使って自動化する技術がRPAです。

欧米では、すでに多くの先進企業が、RPAによる定型業務の自動化によってオフィスの生産性向上やコスト削減を実現しています。日本でも、経済産業省が国会向けの資料作成にRPAを採用するなど、今後の生産性向上や働き方改革の切り札としてRPAへの期待が高まっています。

新東京計算は、人口減少社会の中で人手に頼らない新たな成長戦略を模索するお客様企業のために、オフィスの生産性を飛躍的にアップするRPAのコンサルティングからシナリオ構築、導入支援までワンストップでサポートします。

RPAのメリット

・生産性の向上

RPAは生産性向上とコスト削減を求める経営者に、大きなメリットをもたらします。ロボットは人間の数百倍のスピードで仕事をこなし、ミスもありません。教育コストもかからず、24時間働き続けます。開発や更新に時間とコストがかかる業務システムとは違い、業務の変化にも比較的柔軟に対応できます。標準化された定形業務に適用すれば、目に見える成果を上げられるでしょう。

・働き方改革

RPAは従業員にとっても恩恵をもたらします。いままで時間をかけて行っていた単純なルーティン作業をRPAが代行することで、長時間労働から解放され、より創造的で付加価値の高い業務にシフトすることができます。時間や場所を選ばないワークスタイルも可能になるでしょう。いわゆる働き方改革を実現するツール、それがRPAです。